三鷹駅前内科・糖尿病クリニック

内科 泌尿器内科
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3丁目36-1 トリコナ3F
0422-24-8010
診療時間/9:00~17:30 日曜祝日定休

三鷹駅前内科・糖尿病クリニック

MENU

糖尿病内科

Diabetes mellitus

Diabetes mellitus糖尿病内科

糖尿病とは

糖尿病内科

インスリン(膵臓から出る血中の糖を細胞内に移行させることで血糖値を下げるホルモン)作用の不足に基づく慢性の高血糖状態により動脈硬化が進行し神経障害、視覚障害、腎障害を引き起こす他に脳卒中、心筋梗塞のリスクにもつながる疾患です。

のどの渇き、疲れやすいといった代表的な症状を自覚することもありますが、全くの無症状で健診をけて初めて指摘されることも多いです。

糖尿病内科について

糖尿病は今や国民病と呼ばれるほどに増え続けており、血糖コントロールが悪い状態が継続することは、神経障害、網膜症、腎症の三大合併症をはじめとした全身の合併症が出現する危険につながります。
しかし、わが国の糖尿病の95%を占める2型糖尿病の実情は、かなり長い年月病状がないため無治療に放置され、そのために合併症に苦しむ方が少なくありません。
当院では、糖尿病の適切なコントロールによる合併症予防を目指して、患者様おひとりおひとりの糖尿病の状態に合わせて治療方針を検討し、患者様ご自身と一緒に考えながら、ライフスタイルに合わせたきめ細かい治療をご提案させていただきます。

当院の治療法

糖尿病治療においては①適切な食事/②適切な運動/③適切な治療薬の3つの柱が重要です。

当院では食事、運動につき患者さんのライフスタイル、お体の状態に応じ、適切と考えられる方針を一緒に考えます。また治療薬が必要な際は飲み薬、注射薬の中で最適と考えられるものをご提案いたします。

糖尿病に伴う合併症の評価を行います

糖尿病の初期においては、健康診断などで尿に糖がでている、血糖値がやや高いと指摘はされることがあっても、そのころはまだ自覚症状のない方がほとんどです。この状態を数年放置すると持続的な高血糖によって全身の血管が障害され、合併症による症状が出現することがあります。

三大合併症

おもに全身の細い血管が障害されて症状が起こります。いずれも初期には自覚症状がないため、定期的な検査が必要です。

1.神経障害
三大合併症の中で最も早く出る症状です。手足のしびれ、怪我や火傷の痛みに気づかない等、手足の末梢神経障害の症状が出ます。
その他筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、発汗異常、立ちくらみ等、様々な自律神経障害の症状も出ます。
2.網膜症
眼球の網膜という部分の血管の障害により眼底出血や浮腫を引き起き越します。初期には見え方の異常を伴わず眼底検査でのみ異常を指摘されることが多いです。見え方に問題がなくても必ず定期的に眼科で眼底検査を行うこと、早期に発見し加療することで失明への進行を阻止することが重要です。
日本での失明原因の2位です。(1位は緑内障)また、白内障になることも多いといわれています。
3.腎症
動脈硬化による腎障害が進むと、腎臓のザルとしての機能が低下し、尿中に蛋白が漏れ出します。尿検査で蛋白の漏れ、血液検査で腎機能の評価を行います。
進行すると、腎臓の機能が停止し腎不全となり、透析治療が必要な状態になります。人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。
その他の合併症

脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、皮膚病、感染症、下肢閉塞性動脈硬化症、など。
当院では、胸部レントゲン、腹部エコー、心電図、CAVI(血管年齢測定)なども必要に応じて行います。

糖尿病の治療

糖尿病の治療方法は、患者様の状態によって多様です。生活習慣(食事、運動)の改善が非常に重要で有効で、患者様お一人お一人と一緒に考えながら、実行可能で継続できる方針を探ってまいります。薬物治療が必要な場合には、患者様の病状にあわせて、生活習慣、年齢を加味して選択します。また必要であればインスリンなどの注射での治療も含め適切な治療方針を検討いたします。糖尿病は高血圧、高脂血症の合併も多く治療もあわせて行う必要もあります。

糖尿病のコントロールを良好に維持し、患者様おひとりおひとりにより良い日々を過ごしていただきたいというのは、私どもスタッフの共通した願いです。

糖尿病療養指導

看護師による糖尿病療養指導を行っています。インスリン注射や血糖測定方法の説明、日常生活での困ったことなどの相談・質問をお受けし、治療意欲を継続するための支援を行います。

糖尿病療養指導
  • 血糖自己測定
  • インスリン自己注射
  • 低血糖について
  • 日常生活の注意点
  • その他、生活に関するご相談

糖尿病栄養指導

医師の指示のもと、糖尿病や高血圧、脂質異常症など、病状の改善に食生活の改善が必要と判断された方に対して個別に管理栄養士による栄養相談を行っています。
皆様の生活や家族背景などをお伺いして、「実行可能で続けられること」を一緒に考えてまいります。今までの生活習慣を少しでも改善していただき、健やかにすごしていただけるようサポートさせていただきます。

糖尿病教室

通院中の糖尿病患者様を対象に、糖尿病にまつわるいろいろなテーマで、医師、看護師、管理栄養士による糖尿病教室を開催します。

Q & Aご質問

糖尿病の治療薬にはどのようなものがありますか?
大別すると7種類の飲み薬、その他注射薬があります。
飲み薬は膵臓に作用しインスリンの分泌を促す薬、インスリン抵抗性を改善する薬、尿中への糖の排泄を増加させ血糖値を下げる薬、腸からの糖の吸収を緩やかにする薬があります。これらから年齢、肥満度、腎機能に応じ最適と考えられるものをご提案いたします。
糖尿病の患者さんはどれくらいいますか?
2016年国民健康・栄養調査で「糖尿病が疑われる人」約 1000万人、「糖尿病の可能性が否定できない人」約 1000万人と推定されました。
糖尿病で定期的に受けておいた方が良い検査はどのようなものですか?
糖尿病のコントロール状況を把握するために血液検査でHbA1c、血糖値を調べることはもちろんですが、腎機能障害の進行評価として尿検査を、また動脈硬化の進行を評価するためのCAVI/ABI検査を、脂肪肝の合併も多く定期的な腹部エコー検査もお勧めいたします。